ページの本文へ

Hitachi

日立ドキュメントソリューションズ

課題にお応えいたします

スペースを機能的、かつ効率的に運用するために、文書に保存年限を設定し、協力会社のトランクルームなどに保管します。
休眠文書も、整理・体系化して保管することで、必要なときにすぐ利用することができます。保管した文書の検索、入庫および一時出庫の依頼は専用のWebサイトで行えます。

文書保管サービス

文書の利用頻度によってファイルセンターやトランクルームをそれぞれ選定し、ファイル・文書箱単位で保存年限を設定して保管できます。導入の際には、お客さまが所有している文書量やドキュメント体系を調査・整理し、適切な文書保管サービスを提案します。

*
調査・整理前に不測の事態が発生しても、事前に連絡をいただければ、現地での閲覧も可能です。

文書保管サービス

特長

現状を調査することにより、トランクルームへの保管が適当かどうかの判断を含め、統合的なドキュメント管理・運用サービスをご提案します。

お問い合わせ

ご質問・ご相談など、お問い合わせはこちらから。