ページの本文へ

Hitachi

日立ドキュメントソリューションズ

課題にお応えいたします

お客さまの業種・業態によって物量が異なる書類。管理方法や保存期間が法律によって定められている場合もありますが、膨大な書類が執務スペースを圧迫したり、検索に時間がかかり業務を圧迫したりするケースも散見されます。
当社は、お客さまの業務環境におけるさまざまな制約や業務スペースに合わせて、文書を効率的・効果的に保管する場所を構築し、管理するための仕組みと手段をご提案します。当社の強みは、企画・構想から管理システムの構築、書類の移設、運用開始まで、ワンストップで提供できること。より使いやすい文書管理を実現します。

文書保管庫の構築

現地調査からキャビネットの配置設計、部材の検討と選定、構築、移動・移転までをトータルにサポートすることで、お客さまのご要望に沿ったご提案を速やかに実現します。限られた空きスペースを、効率的な文書保管庫にすることで、設備コストも低く抑えます。

文書の保管・運用を一元化する管理システム

文書保管庫に保管された文書保管箱は、お客さまのPCから文書管理システムを使って、「出庫」「再入庫」の管理を行うことができます。もちろん、「新規保管」や「廃棄」の依頼も可能です。
文書管理システムは、一般の電子文書の管理にも対応しており、文書保管箱と電子文書の管理を一元管理できます。

お問い合わせ

ご質問・ご相談など、お問い合わせはこちらから。