ページの本文へ

Hitachi

日立ドキュメントソリューションズ新卒採用サイト

“人財”育成は、当社のすべてのビジネスの付加価値向上につながります

幅広い事業を展開する当社のビジネスは、“人財”、つまり一人ひとりの従業員によって支えられています。「人財」という言葉は一般的に「人材」を用いられますが、当社では働く一人ひとりがかけがえのない大切な人、宝のように貴重な人になっていただきたいと考え「人財」を用いております。人財育成は、すべてのビジネスの付加価値向上につながると考え、積極的に教育機会を提供しています。

当社の従業員こそ、私たちの宝

当社では、ドキュメントとコミュニケーションを基軸としたあらゆるソリューションを企画・提案できる人財の育成に、積極的に取り組んでいます。


研修でグループ演習を行う当社社員


後輩の育成方法を学ぶ研修

入社後の教育体系

教育には、大きく分けて2つの分類があります。
新入社員から部長クラスまで、各階層に応じたスキルの習得を目的とした「階層別教育」と、役職に関係なく業務に必要な専門スキルを高める「専門教育」です。
特に最近では、若手社員の論理的思考能力を強化するプログラムに注力しています。成長しようとする社員にとって魅力ある教育環境づくりに努めています。

教育体系図

部長以上
部長研修(事業マネージャー育成)
課長職
職場開発ビジョン研修(組織力・マネジメント力向上)
技師・主任
キャリア・ビジョン研修(リーダーシップ力向上)
企画員(入社3年目〜)
キャリア・ビジョン研修(職場における自己の価値・能力の点検)
新入社員(〜入社2年目)
研修論文発表、ロジカルプレゼンテーション研修、ロジカルライティング研修、入社2年次研修、コミュニケーション(報連相)研修、フォローアップ研修、新入社員導入教育
専門教育
企業倫理・法令順守
業務資格の取得
業務スキル(IT・営業・語学など)
営業プロセス研修
企画力向上研修


プレゼンテーション力アップ研修


論理的思考力アップをめざす若手向け研修

入社後のビジネススキルアップ

入社後は、導入教育を受講した後、配属先となる各部門の指導先輩のもと、OJT( On the Job Training)で仕事の基礎を学びます。

そして、入社3ヵ月後と1年後に振り返りや目標再確認のためのフォローアップ研修を受講し、当社の“人財”として一歩ずつ、着実な成長をめざします。

また、入社2年目の終わりには、「研修論文発表会」を開催。各人が2年間で成長した成果をまとめた論文を発表し、次のステップへと進んでいきます。


新人導入教育


入社2年目の研修論文発表会

採用担当者の声 「入社1年後には、新入社員の皆さんの成長を実感しています」

毎年、新入社員の導入教育で、2年目の若手社員に各部署の業務を説明してもらいます。そのときに「1年間でこれだけのことを任されて、責任を持って仕事をしているんだな…」と成長ぶりを頼もしく感じ、大変うれしくなりますね。

新入社員の皆さんには、周りから信頼され、何ごとにも積極的に挑戦する“アツい人財”になってほしいと思っています!