ページの本文へ

Hitachi

日立ドキュメントソリューションズ新卒採用サイト

Q1 学生時代の印象に残った思い出は何ですか?

学生時代の思い出は、サークル活動が主ですね。高校でやっていた野球を続けたかったこともあり、大学に入ってすぐに野球サークルを立ち上げ、4年間代表を務めました。最初はなかなか部員が集まらず、試合では対戦チームからメンバーを借りて戦うこともありました。みんなに楽しんで続けてもらえるように工夫したり、他チームに対戦を申し込んで試合経験を増やしたり…と、苦労しつつ楽しんでやっていましたね。

Q2 あなたの主な仕事は何ですか?

先輩の蕪木さんと同じく、お客さまに日立ドキュメントソリューションズの製品・サービスを提案する仕事をしています。先輩と一緒にお客さまを訪問。「うちには、こういう課題やああいう課題もあるんだよね…」といったお客さまとの会話をヒントに、違う視点から別のサービスを提案するなど、お客さまにあわせてオフィス効率化の最適な提案を行うのが、当社の営業です。
先日は、自分で考えたサービス手順をお客さまに初めてご説明しました。ドキドキしましたが、最後にお客さまから「これで大丈夫です、後はお願いします」と伝えられたときは、とてもうれしかったですね!

Q3 「日立ドキュメントソリューションズらしいなぁ…」と思うときは、どんなときですか?

企画提案営業 福田 洋平 インタビュー風景

当社は優しい先輩が多いと感じています。わからないことを聞くと、先輩方がしっかりアドバイスしてくださいますよ。入社前に想像していた「会社の先輩像」よりも、柔らかい雰囲気の方が多いような気がします。

Q4 日頃、先輩の姿を見て思うことは、何ですか?

企画提案営業 インタビュー風景

「幅広く提案できる」のがすごいと思います。先輩と一緒にお客さま先へ伺う機会が多いのですが、お客さまの言葉に対して、その場でさまざまなアプローチから提案する先輩の姿を見て、勉強になります。私も早く、自分なりの言葉で、いろいろな切り口で語れる営業になりたいですね。

Q5 これから、どんな後輩と一緒に仕事をしたいですか?

どんな後輩でも「どんと来いっ!」ですよ。あえて言うならば、自分の意見を言える人がいいですね。日立ドキュメントソリューションズには、そんな意見を受け止めてくれる先輩がいますよ!

Q6 今後の夢や目標を教えてください。

「何をやるにも、良い意味で相手を裏切りたい」。これが私の学生の頃からのポリシーで、今の目標も同じです。お客さまや先輩から依頼されたことに対しては、常に相手の期待以上に応えたい。
そして…、いつか日立ドキュメントソリューションズ関西営業所長として活躍したいと思っています! 地元の関西に愛着があるので、関西で自社の新しいビジネスを推進できるようなリーダーになりたいです。

オフタイムは、こんな風にリフレッシュしています。

ロードレース用の本格的な自転車を持っていて、サイクリングするのが好きですね。休日には都内の川沿いを走ることもあります。身体を動かすのが大好きなんです。

学生の皆さんへのメッセージ

学生の間では知名度は高くないけれど、「いい会社・働きやすい会社」って意外にたくさんありますよ!
就職活動中はたまには息抜きしながら、自分に似合う「いい会社」を見つけられるよう、がんばってください。

  • * インタビュー掲載内容は、取材時のものです。