ページの本文へ

Hitachi

日立ドキュメントソリューションズ新卒採用サイト

Q1 学生時代の印象に残った思い出は何ですか?

一番印象深い学生の思い出は、高校の文化祭です。各クラスや部活動などで縁日をやったのですが、その代表者として、事前準備や当日の運営を担当しました。いろいろな意見が出る中でやり方を決めるなど、初めての体験をたくさんしましたね。文化祭当日は、大勢の来客を見て、とてもほっとしたのを覚えています。

Q2 あなたの主な仕事は何ですか?

お客さまに対して、日立ドキュメントソリューションズの主な事業である“ドキュメント”に関する製品・サービスを提案しています。現在担当中のお客さまには、数年前に当社の文書管理システムを提案。今はオフィス移転を予定されていて、移転に伴い発生するオフィス文書の保管・排出支援、移転後の効率的な文書運用方法などをご提案しています。

Q3 今の仕事で、どんな時にやりがいを感じますか?

企画提案営業 蕪木 新 インタビュー風景

お客さまへの提案が通って、ようやく受注につながったときは特にうれしいですね。オフィス文書の管理・運用サービスは、お客さまの業種やオフィス規模、社内ルールなどにより、さまざまに形を変えて提案する必要があります。それが、私の仕事です。そのためには、お客さまが日頃から感じている課題や望んでいることを注意深くお聞きしないといけません。そうしてご提案したサービス内容に対し、お客さまから「よし、これでいこう!」と言っていただけたときは、営業として大変やりがいを感じますね。

Q4 日頃から心がけていることは何ですか?

日頃からお客さまに対して丁寧に接すること、ですね。私は2008年に日立ドキュメントソリューションズ(当時:日立アイシーシー)に入社しました。以前はまったく違う業界で接客の仕事をしていましたが、その経験が今の企画提案営業でも生かされています。
たとえば、お客さまには「何かお困りのことはないでしょうか?」と必ずお聞きするようにしています。特にお客さまのオフィスで作業をする場合は、常に周りの方々への気配りを忘れず、丁寧に接するように心がけています。

Q5 これから、どんな後輩と一緒に仕事をしたいですか?

まじめな人。そして、泥臭い仕事も一緒にがんばってくれる人がいいですね。今の仕事は、正直かっこいいことばかりではないんですよ。つい最近は、お客さまの廃棄する文書を、一緒になって何十箱も段ボールに入れる作業をお手伝いしました。時にはこうした力作業をしながら、営業として次の提案につながるヒントを探しています。そんな仕事も一緒に進めてくれるような後輩が来てくれたら、いつでも大歓迎ですよ!

Q6 今後の夢や目標を教えてください。

企画提案営業 蕪木 新 インタビュー風景

今後の目標は、“文書管理のプロ”として、お客さまに頼られる存在になること。まずは、現在進行中のお客さまオフィス移転プロジェクトを成功させ、その経験やノウハウをもとに、さらに新しい仕事につなげたいですね。
そのためには、学ぶべきことがたくさんあります。同じ営業の先輩には、お客さまが発する言葉の深層心理まで理解しようとする達人もいます。私も早くそのようなレベルに近づいて、お客さまとより深く信頼関係を築ける営業になりたいですね。

オフタイムは、こんな風にリフレッシュしています。

平日の夜のリフレッシュ法は、ゲームです。家には小さな子どもが2人いますが、家族が寝ている間にこっそりひとりでやるのが楽しいんです(笑)。土日はよく子どもたちと遊んでいます。家では子育て真っ最中のパパです。

学生の皆さんへのメッセージ

日立ドキュメントソリューションズはとても働きやすい職場だと思います。人間味のある、あたたかい上司が多いですよ。ぜひ、当社で一緒にがんばりましょう!

  • * インタビュー掲載内容は、取材時のものです。