ページの本文へ

Hitachi

日立ドキュメントソリューションズ新卒採用サイト

Q1 学生の頃は何をしていましたか?

大学では、ものづくりに重点を置いた技術工学を学んでいました。今思うと普段できないことを経験させていただきました。卒業研究では機械科、電子科とチームを組み、町工場にオリジナルの自動検査機器を提案、導入されました。ものづくりを通じて課題を解決する楽しさに触れることができました。

Q2 あなたの主な仕事は何ですか?

日立製作所インフラシステム社 大みか事業所にて、基幹系システムの保守・運用を行っています。そのなかで、経理、総務のシステム運用に携わっています。お客さまからのお問い合わせやバックオフィスの業務をより効率的にするシステムの提案、制度改定におけるシステム変更などのサポートを行っています。

Q3 入社して「日立ドキュメントソリューションズらしいなぁ」と思ったところは、どんなところですか?

システムの専門家をはじめ、さまざまな分野で活躍されている先輩社員に仕事上のアドバイスやヒントを多くもらえる環境ですね。部署の壁にとらわれることなく多くの方と交流することができ、ファミリー感あふれる、親しみやすい会社だと思います。

Q4 「この職種にやりがいを感じるなぁ」と思うところは、どんなところですか?

システムエンジニア 増渕 恭平 インタビュー風景

お客さまからお問い合わせいただくことがありますが、質問・疑問に対して的確に応えられたとき「助かった、ありがとう」と言ってもらえることでしょうか。時には難しいお問い合わせをいただき、内容の調査に奔走するときもありますが、お客さまのサポート役として頼られている証拠でもあると実感することがあります。

Q5 日立グループで仕事をする楽しさや面白さを感じるのは、どんな点ですか?

日立グループはとても大きな企業体なので、多くの人と出会えることです。さまざまな人の考え方に触れることは、とてもいい刺激になりますね。同じ問いに対して、専門が異なるさまざまな人から回答をいただくことができるので、その分知識を広げ、視野を広げていくことができます。

Q6 あなた自身の仕事のポリシーは何ですか?

お客さまの要望に対して、2割増しで提案ができるような人になりたいと、いつも心がけています。ただ言われたことや頼まれたことをやるのではなく、そこに自分なりの工夫やサービスを入れ込むことで「増渕さんにお願いしてよかった!」と思っていただけるような、プラスアルファの提案をしていきたいと思います。

Q7 仕事上での思い出深いエピソードはありますか?

現在、入社2年目ですが、入社して半年目に大きなプロジェクトに参画させていただく機会がありました。私が担当したのは、システムの基盤となるデータ整備の部分です。とても大きなプレッシャーがありましたが、多くの人に支えられ無事に完成させることができました。10人を超えるチームでの達成感はとても大きかったです。

Q8 今後の夢や目標を教えてください。

システムエンジニア 増渕 恭平 インタビュー風景

これからも、どんどん大きな案件に積極的にチャレンジしたいです。そのために、毎日少しずつ自分のできることをしっかりとこなし、いざその時がきたときに胸を張って手を上げられるよう自信を身につけたいですね。将来的には、今の津野田さんのようにチームをまとめ、動かすようなポジションになりたいです。

Q9 これから、どんな後輩と一緒に仕事をしたいですか?

探究心や好奇心が強い方と一緒に仕事がしたいですね。最初のうちはわからないことばかりだと思いますが、そのまま放置するのではなく、積極的に自分や周りの人に聞いてください。ゆくゆくは、一緒に問題解決に向かって高め合っていけるような、ともに信頼しあえる関係になりたいです。

Q10 プライベートでの楽しみは何ですか?

休日は、ショッピングモールでいろいろなお店を見て回るのが好きです。もちろん洋服を買うのも好きですが、人間観察も大きな理由のひとつです。初対面の人と何気ない会話で距離を縮められる店員さんのトークが、とても勉強になります。そういえば、この習慣を続けてから、あまり人見知りをしなくなりました。

学生の皆さんへのメッセージ

普段興味がないことでも、常にアンテナを広げ、知識として吸収することはとても大事です。仕事は自分ひとりではなく、さまざまな人や部署との連携で成り立っています。広い視野を持つことで、自分の知見も知識も大きく膨らんでいきます。一緒にIT業界の進化に貢献し、活性化させていきましょう!

  • * インタビュー掲載内容は、取材時のものです。