ページの本文へ

Hitachi

日立ドキュメントソリューションズ新卒採用サイト

Q1 学生の頃は何をしていましたか?

私が大学生だった頃は、一般家庭へのネット環境が急速に普及し始めたインターネット黎明期(れいめいき)でした。研究室の友人たちと、競うようにWebサイトのコンテンツ制作・公開をしていたのを憶えています。いかにして差別化をはかり、ユーザーをひきつけることができるか…。そんなことを毎日考えていました。

Q2 あなたの主な仕事は何ですか?

クライアントの基幹系システムの保守・運用が部門の担当する主な業務ですが、チームリーダーとして各個人の工程管理やチームの進捗管理、基本的な方針の策定などを行っています。制度改定など大きな案件については、社内でチームを編成してプロジェクトマネージャーとして動いたりすることもあります。

Q3 入社して「日立ドキュメントソリューションズらしいなぁ」と思ったところは、どんなところですか?

日立ドキュメントソリューションズは、ドキュメントサービスやIT、広告宣伝など、さまざまな事業を展開しています。そのため、それぞれの分野にとらわれることなく1つのソリューションとしてお客さまに提案できることが事業上の大きな特徴です。個人の能力を最大限に生かして、チームとして解決に向かうことができる環境です。

Q4 「この職種にやりがいを感じるなぁ」と思うところは、どんなところですか?

システムエンジニア 津野田 映 インタビュー風景

システム運用・保守業務を長く続けていると、本来改善すべき項目の優先順位が下がり、定型業務として定着してしまうことがあります。私たちは、お客さまのシステムを運用する立場で業務を見直し、改善を提案・実施しています。その効果が目に見えて現れたときは、お客さまに貢献できたという気持ちでいっぱいになりますね。

Q5 日立グループで仕事をする楽しさや面白さを感じるのは、どんな点ですか?

日立グループならではのつながりを感じることができることです。例えば、ある制度改定があった場合、多くの部署や多くのグループ会社との連携が必要になります。その際に日立グループの幅の広さや高い技術力に触れることができ、日立ドキュメントソリューションズの一員として、日立グループの一員として仕事をしているのだなと実感します。

Q6 あなた自身の仕事のポリシーは何ですか?

常に問題意識を持って仕事に取り組むようにしています。漠然と業務に携わっていれば、何も新しいものを生み出すことはできませんし、改善することもできません。時にはお客さまからの要望そのものを今反映させることが本当に正しいのかどうかを見つめ直し、常に最善の提案ができるように心がけています。

Q7 仕事上での思い出深いエピソードはありますか?

ある企業のシステム間連携のシステム導入についての話です。当社で運用・保守している仕組みをベースに導入を行ったのですが、当初お客さまも初めての経験でとても大きな不安を抱えていらっしゃいました。結果は無事にリリースすることができ「信頼して良かった、ありがとう」と言ってもらえたのがとても印象的でしたね。

Q8 今後の夢や目標を教えてください。

システムエンジニア 津野田 映 インタビュー風景

日立ドキュメントソリューションズのサービスが、業務の効率化に貢献できるシーンはまだまだ多く存在します。お客さまに対し、積極的に自社サービスを発信していくこと、また、日立ドキュメントソリューションズのサービスがデファクトスタンダード(業界の標準)となるよう成長させていきたいです。

Q9 これから、どんな後輩と一緒に仕事をしたいですか?

新しい発想ができる人と一緒に仕事がしたいですね。私たちは業務に関して経験が豊富な分、固まってしまった固定概念が少なからずあると思います。その概念を柔軟なアイディアや考えで打破し、新たな解決への道を切り開いていってください。若い感性を十分に発揮してもらいたいですね。

Q10 プライベートでの楽しみは何ですか?

ありきたりですが、読書です。幼い頃から本に触れる機会が多い環境に育ったので、今でも読書が大好きです。休みの日には、書店に行きまとめ買いをするときもあります。多い日には1日2〜3冊読みますね。本によっていろいろな表現の仕方に出会えるので、後輩に伝えたりするときコミュニケーションの役に立てています。

学生の皆さんへのメッセージ

失敗を恐れず、何事にも積極的に挑戦してみてください。たとえ失敗しても、その出来事を「経験」として学んでください。やらないうちから判断して、結局は何もしないのは、とてももったいないことだと思います。自分の経験では、失敗しても大きなマイナスになったことはありません。

  • * インタビュー掲載内容は、取材時のものです。