ページの本文へ

Hitachi

\ オンラインイベントサービス /

「コミュニケーション」は
新たなフェーズへ。

コロナ禍によってイベントがオンラインでの開催へとシフトする中で、
さまざまな形態のオンラインコミュニケーションのニーズが高まり、
また、Face to Face のリアルなコミュニケーションとの使い分けが
重要になってきました。

私たちはオンラインを活用することで新たな「コミュニケーションの場」を形成し、
オンラインならではの強みを生かしてビジネスをサポートします。

もっと詳しく
知りたい方へ。

日立ドキュメントソリューションズが提供する
オンラインイベントサービスについて詳しい資料をご用意しました。

資料ダウンロードはこちら

「オンライン型」
の強み

「現地参加型(リアル)」の開催ではさまざまな制約がある催事を、「オンライン型」であれば場所・時間にとらわれず開催することができ、参加できなかったさまざまな方々へ発信し、新たなコミュニケーションを実現することが可能です。また、オンラインならば、参加された方の行動データを分析することができ、より効果的な施策へつなげることができることも大きなメリットです。

より自由に

  • 「場所」を自由に

    現地参加型イベントは、会場、場所、地域などの選択肢が限られています。オンラインにすることで、「場所」にとらわれず開催することができます。

  • 「時間」を自由に

    現地参加型イベントは、決まった開催時間の中での開催でしたが、オンラインでは、アーカイブ配信することで、より自由に参加時間を設定できます。

  • 「設計」を自由に

    現地参加型イベントは、展示会場やブースの広さなどに物理的な制限があり、出展品や講演数などに限りがありました。オンラインにすることで、「自由に設計」が可能となります。

より効果的に

  • 参加者数の「増加」

    場所・時間に関係なく開催できるので、今まで参加できなかった多くの方々に発信できます。

  • コンテンツの「アーカイブ化」

    動画、資料など全てのコンテンツをアーカイブ化することで、イベント終了後もご活用いただけます。

  • 行動データの「分析」

    オンライン上で参加された方の行動履歴を集約し、それらのデータを分析することでピンポイントな提案が可能となります。

日立ドキュメントソリューションズの
オンラインイベントサービス
の特長

日立ドキュメントソリューションズはオンラインイベントの企画・運営、集客はもちろん、お客さまに合ったサービスプランのご提案・コンテンツ制作まで、イベントに必要な業務は全てお任せください。また、イベント開催後はデータ分析や商談につなげるためのご支援をいたします。

特長01 オンラインイベント配信だけではなく、開催前の集客から開催後のデータ分析やコンテンツ配信継続などの業務支援に対応。

  • イベント前 認知・集客

    • ダイジェスト/事前案内ページの公開
    • 参加申し込みページの構築
  • イベント開催 運営

    • 各種コンテンツの配信
    • 開催案内メールの配信
    • リアルタイムでのコミュニケーション
  • イベント後 支援

    • アーカイブ配信への対応
    • コンテンツの追加
    • 集客データの分析

特長02 イベントを開催するたびにアーカイブを蓄積し、容易に自社の映像配信メディアを構築

  • イベント開催

    • ライブ配信動画を再生
    • オンデマンド配信
    • PDFなどの資料を公開
  • アーカイブ

    • 動画や資料を蓄積
      (コンテンツごとの一般公開も可能)
  • 次回以降のイベント資料も蓄積し、
    自社の映像配信メディア化

日立ドキュメントソリューションズの
オンラインイベントサービス
の主な機能

  • コンテンツ配信

    ライブ配信・オンデマンド配信・アーカイブ配信に対応。PDFなどの資料ダウンロードも可能。配信ではチャットや個別質問などインタラクティブな機能も利用可能。

  • メール

    メール機能により、リマインド・サンクスメールなどの自動配信に対応。宛先を限定した配信も可能。

  • お問い合わせ
    アンケート・チャット

    オンラインイベントに必要となる各種機能が揃っており、かんたんな設定で利用することが可能。

  • 効果測定

    視聴ログのレポート出力など、オンラインイベント開催時の効果測定を行うことが可能。

  • 双方向対話ツール

    オンラインイベントで商材やサービスに興味を持っていただいたお客さまとすぐに商談することも可能です。オンラインイベントサイトからスムーズに双方向コミュニケーションができるツールへ移動できるため、提案機会を逃さずに興味を持ったお客さまと会話をすることができます。

    • 標準パッケージ
      • 1部屋:60分×最大10名(顧客側担当者含む)
      • 双方向コミュニケーション(映像、音声、テキスト)が可能
      • 部屋のパスコードによるアクセス制限が可能
      • ※部屋数・対応人数の追加・投票などのその他機能のご利用は、要相談(オプション)

オンラインイベントサービス
基本機能

    • 会員トップページ

    • ライブ配信

    • 疑似ライブ配信

    • オンデマンド配信

    • アーカイブ配信

    • アンケート

    • メール送信

    • 会員ログイン設定

    • 質問/チャット機能

    • ライブ投票機能

    • 双方向対話ツール

    • 効果測定

オンラインイベントサービス
オプション機能

    • 表示言語
      外国語設定
      対応言語:
      英語・韓国語・中国語

    • SSO*:
      Google認証設定
      *SSO:
      シングルサインオン

    • テスト機能

    • マーケティング
      連携機能

    • オフライン開催

    • 来場者受付アプリ

オンラインイベント
開催の流れ

プランのご紹介

配信コンテンツを小規模に絞ったパッケージプランをご紹介します。コンテンツを充実させるプランもご用意しておりますので、ぜひ資料をダウンロードしてご確認ください。 また、お客さまのご要望(参加者数、コンテンツ掲載数、ライブ配信時間、本数、機材など)により、価格は変動いたします。ご要望に沿ったパッケージをご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • ライトプラン
    ライブ配信/アーカイブ+オンデマンド配信

    • 登録者数:1000人まで
    • 掲載コンテンツ:5点まで
      ライブ配信/アーカイブ含む
      +オンデマンド)

    パッケージ内容

    オンラインイベント
    全体企画プロデュース

    プラットフォームご提供
    (最小3ヶ月契約/
    制作・検証期間含む)

    • ライブ配信(1本1時間まで)
    • オンデマンド配信
      (コンテンツはご支給ください)

    各種設定

    • 事前登録
    • メール配信
    • コンテンツ登録(5件まで)
    • アンケート
    • お問い合わせ先

    終了後CSVデータ吐き出し
    (加工なし)

    制作担当者 
    ライブ配信現場立会い
    (リハーサル、本番)

    ライブ配信機材、スタッフ
    (リハーサル、本番
    各1日/8時間)

    • カメラ1台/スイッチャー1台/配信PC1台
    • カメラマン、スイッチャー 各1名
    • 都内近郊/出張費別途
    • ライブ配信のアーカイブ動画化の編集費は別途
  • ライトプラン
    オンデマンド配信のみ

    • 登録者数:1000人まで
    • 掲載コンテンツ:1点まで
      (オンデマンド)

    パッケージ内容

    オンラインイベント
    全体企画プロデュース

    プラットフォームご提供
    (最小3ヶ月契約/
    制作・検証期間含む)

    • オンデマンド配信
      (コンテンツはご支給ください)
    •  

    各種設定

    • 事前登録
    • メール配信
    • コンテンツ登録(1件まで)
    • アンケート
    • お問い合わせ先

    終了後CSVデータ吐き出し
    (加工なし)

※配信会場費、事前回線テスト費は上記に含みません。(別途お見積もり)
※プラットフォームに掲載するキービジュアル、サムネイルなどのデザイン部材の制作費は上記に含みません。
(別途お見積もり)
※掲載文言原稿作成、詳細ログレポートの費用は上記に含みません。(別途お見積もり)

よくあるご質問

  • Q
    ウェビナーの映像・音声は綺麗?
    A
    一般的なWeb会議ツールだと、Web会議の性質上リアルタイム性に特化しています。その反面、音声映像が不鮮明であったり、途切れやすくなっています。
    ウェビナーは映像、音声を届ける仕組みを搭載し、配信中にバッファをためておくことで、ユーザー環境による映像や音声の途切れ現象を軽減します。
    セミナーに必要な資料の細かい文字、スピーカーの表情・身振り手振りをもれなく配信することができます。
  • Q
    配信作業が難しそう
    A
    申し込みページは自動生成されます。
    簡単な操作で配信できます。
    配信作業は当社が一貫してサポートします。
  • Q
    イベント結果データはすぐ取得できる?
    A
    以下のデータを管理画面上で取得することが可能です。
    *初期設定により変わります
    • 各コンテンツの申し込み者の情報
    • 各コンテンツの参加者情報
    • アンケート・チャット履歴
    • マーケティング分析
    • ウェビナーの録画
  • Q
    継続的な施策を行いたい
    A
    展示会・セミナーのライブ配信の録画アーカイブや別で収録した動画コンテンツや資料などを公開して見込顧客開拓・お客さまのご支援をすることが可能です。
    ※利用期間分の契約が必要です。

開催形式について

オンラインで開催されるイベントは、セミナー(ウェビナー)や、展示会などさまざま。ライブと事前に収録した録画を配信する方法があります。日立ドキュメントソリューションズは、現地参加型(リアル)のイベントと併用したハイブリッド型イベントなどにも対応いたします。お気軽にご相談ください。