ページの本文へ

Hitachi

株式会社 日立ドキュメントソリューションズオンラインイベントサービス

ONLINE EVENT ONLINE EVENT

「オンライン型」イベントの目的

Face to Face でのリアルなコミュニケーションが制限され、多くの機会が減るなか、
オンラインを活用した新たなコミュニケーション手法により、
減少した「コミュニケーションの場」を取り戻し、ニューノーマルに向けてご提案します。

オンライン型イベントの目的

「オンライン型」のポイントと主な効果

リアルの開催では「制約」があるなかでの催事を、「オンライン型」では空間・時間にとらわれず開催することができます。
来訪できなかったさまざまな方々へ発信し、新たなコミュニケーションの実現が可能です。

場所を自由に

「場所」を自由に

リアルイベントでは、会場、場所、地域などの選択肢が限られています。オンラインにすることで、「場所」にとらわれず開催することができます。

時間を自由に

「時間」を自由に

今までは決まった開催時間の中での開催でしたが、オンラインにすることで、「時間」を自由に設定できます。

空間を自由に

「空間」を自由に

展示会場やブースの広さなどに物理的な制限があり、出展品や講演数などに限りがありました。オンラインにすることで、「自由な空間」が可能となります。

参加者数の増加

参加者数の「増加」

空間・時間に関係なく開催できるので、今まで来訪できなかった多くの方々に発信できます。

コンテンツのアーカイブ化

コンテンツの「アーカイブ化」

動画、資料など全てのコンテンツをアーカイブ化することで、イベント終了後もご活用いただけます。

行動データの分析

行動データの「分析」

オンライン上で来訪された方々の行動履歴を集約し、それらのデータを分析することでピンポイントの提案が可能となります。

まずはお気軽にご相談ください。

  • ONLINE EXHIBITION 「空間」「時間」にとらわれず、自由に設計でき、発信することができます。ONLINE EXHIBITION
  • ONLINE SEMINAR 時間の制約、予定があり参加を断念するケースをアーカイブ化することでご参加いただくことが可能となります。ONLINE SEMINAR
  • HYBRID EXHIBITION & SEMINAR ニューノーマルな世界に向けた、「リアル×オンライン」コミュニケーションのご提案を紹介します。HYBRID EXHIBITION & SEMINAR

よくあるご質問

Q.1オンラインイベントとは何ですか?
A.1オンラインで開催する展示会やセミナーのことです。対面コミュニケーションが減るなか、新型コロナウィルス感染防止の観点から多くなってきています。 Liveと事前に収録した録画を配信する方法があります。どちらを希望されるかにより、さまざまなご提案をさせていただきます。
Q.2どのように始めたらいいですか?
A.2ご参加される方(「社内の方」、「社外の方」、「一般的に開催」、「限定者のみ開催」など)や、開催期間、規模によりご提案がかわりますので、まずはお問い合わせください。
Q.3システムにも詳しくないのですが、問題はありませんか?
A.3問題ございません。専門スタッフがヒアリングさせていただきますので、何なりとご用命ください。

まずはお気軽にご相談ください。